日本で唯一のポダイアトリスト

足の専門 東京ポダイアトリー

〒105-0004 東京都港区新橋5-34-7(地下鉄御成門駅より徒歩3分)

診療時間
10:00~18:00(月〜金)
10:00〜15:00(土)
休診日
日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ  English

03-6875-2970
足の甲の痛み

足の甲の痛みや足の甲の骨棘(こつきょく)Bone spur

足の甲の痛み

足の甲の痛みの原因にもなります

舟状骨骨棘や楔状骨骨棘

足の痛みの一つに甲の痛みがあります。重度の場合、足の甲に舟状骨(シュウジョウコツ)や楔状骨(ケツジョウコツ)の骨棘(コツキョク)が出来る場合があります。要するに骨の棘(トゲ)です。これを確かめるには、問診と触診だけでも十分わかりますがレントゲンで確認も出来ます。

 

この症状は足の甲が靴に継続的に当たり(摩擦と加圧)放置しておくと、局所的に骨の棘が形成される場合と構造医学的(バイオメカニクス)欠陥からなるケースがあります。

 

それと靴の紐(ひも)の甲の部分を普段からきつく締め過ぎの方の場合、単純に圧迫による痛みも発生する場合もありますので、試しにその甲の部分の紐を緩めてみたり靴下の厚さを薄くしたり厚くしてみたり、それでも緩和しない場合は一度ご相談くださいませ。

 

こちらの症状は最悪時は(痛みがひどい場合など)、手術による骨棘の除去を行う場合もありますが、手術を避けたい方は、当クリニックではまず、足のアライメントやバイオメカニクス(構造医学)による歪みを診断し異常箇所を診断し特定します。その上で靴のカウンセリングを行い、特殊パッドなどを用いて改善を行います。手術を行わなくても足の甲の痛みは十分取り除くことは可能です。その為には、足の甲の痛みに対して適切な診断をし原因を見つける必要があります。そうでなければ、例え手術をしたとしても原因がわからない状態で外科的な手段で骨棘を取り除いても再発する可能性がとても高くなります。当クリニックは、海外でしか取得できない足科という足専門医師の国家資格を持つ医師が在籍しており海外での多数の治療実績もあるからこそ、その診断と治療が可能となっております。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

完全予約制・プライベート診療

03-6875-2970

診療時間:午前 10:00~12:00 午後 13:00~18:00

土曜日   :10:00〜15:00 

休診日   :日曜・祝日

※ ご予約以降の急なキャンセルや変更についての注意

当院は完全予約制の為、当日キャンセルやお電話なしでの無断なキャンセルをされた場合は、キャンセル料3000円いただきます。次回のご予約変更の場合、前日16:00までにご連絡をお願いします。もし16:00以降の変更やキャンセルの場合は、2000円発生しますので予めご了承くださいませ。

 

診療時間

診療日
 
午前 ×
午後 ×
診療時間

午前     10:00~12:30
午後     13:30~18:00
土曜日  10:00〜15:00

休診日

日曜日・祝日

 ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

03-6875-2970

アクセス

03-6875-2970
住所

〒105-0004
東京都港区新橋5-34-7
第2三栄ビル3F

アクセス

都営三田線 御成門駅 徒歩3分
JR線 新橋駅              徒歩8分